カテゴリ:コザクラインコ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

コザクラインコ注意報

ご紹介が遅れましたが、

今年の正月から新メンバーが増えてます

文鳥でなくて申し訳ないのですが

コザクラインコの「ぴ~ちゃん」です↓

P107071700010001.jpg

P107071900010001.jpg

インコに関しては全く知識がなく

エサも文鳥の餌プラスひまわりの種や麻の実などを与えておりました

性別もさっぱりわかりません(文鳥に関してはピタリと当てれるのに…)

アフリカのナミビア出身ということらしいので

日本の冬は寒かろうと

例によって甘やかして24時間暖房しております

おかげさまで今日も元気に生きてます!!

文鳥マニアとしてはこの「もあ~ん」としたクチバシが許せなかったのですが

見慣れるとかわいいものです

どの文鳥さまにもパートナー認定してもらえない淋しい飼い主が

通称ラブバードのコザクラインコに愛してもらおう、

と邪な考えのもと、ペットショップに足を運んでしまったのです

P105096200010001.jpg  りんご:ブサイクなインコなのだ!     うめ:アタシはきにならないけど~

あろうことかこのぴ~ちゃん、

りんごの奥さんのうめ(白文鳥)に恋してしまいまして…

P100000300010001.jpg

なんと嫁に近づく敵(ぴ~ちゃん)をりんごが追い払おうとして

大きな口でぎゃるる~~とぴ~ちゃんをつついたところ、

逆にクチバシをひねりを入れながら噛まれまして(りんごが)…

クチバシ右下半分が内出血して

りんごはしばらくムキエサしか食べれませんでした

飼い主の過ちでした

鳥専門の獣医さんに、

「コザクラやボタンインコは小さい割にクチバシの力が半端でないよ

絶対一緒に放鳥したらだめ!!!

りんごちゃんが怪我したのは飼い主の責任だよ!

僕は小型インコに噛まれてクチバシがもげた文鳥を診たことがある!

もうそうなったら死ぬしかないよっ!!」

と厳しいお叱りを二か月前に受けました

りんごちゃんごめんなさい~と何度も謝りました

抗生剤服用治療して、今はすっかり回復しています

サイズが文鳥と大差ないように見えたので

仲良く遊ぶ姿を想像していた私が悪かったです

ぴ~ちゃんに罪はありません

今は別々に放鳥しています(計4時間…)

ぴ~ちゃんは出した途端うめ(と、りんご)のカゴに直行です

道ならぬ恋をしているぴ~ちゃんでした

まさか白文鳥にインコの愛が奪われるとは思いもしませんでした…

P100004500010001.jpg  インコはキケンなのだ!ココにいるとあんぜんなのだ!!(ブルブル~)

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

インコに戦いを挑むりんごちゃん、少々おバカです

他の文鳥様5羽はぴ~ちゃんに近づきさえしません

「奥さんを守ろうとしたんだよ」獣医さんがフォローしてくれました…
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。